多重債務を解決するための心構え

多重債務を解決するためには、借金の原因をくよくよ悩み自分を責めるのではなく、どのような方法で解決するか、あくまでも前向きに建設的な方法を考えることが重要です。なぜなら解決方法は必ずあるからです。

当相談所代表も高額借金の経験者です…

他のページでも述べていますが当相談所代表も以前、多額の借金に悩み、トラブル状態になったことがありました。
知り合いの保証人になったばかりに、多額の借金を背負うことになってしまったのです。

その当時はまだ若かったのですが、多少の借金解決の知識があったことで適切な対処ができ、ひどくならずに済ますことができました。
とはいえ、当時はとても大変な日々の連続でした。

今はこうしてまったく別の立場になることができたわけですが、あの当時の体験を仕事に生かせたら・・・というのが今の多重債務相談の流れを作ったように思います。

借金は悪いことではありません

ところで、借金をすることは、まったく悪いことでもなんでもありません。
その時の状況で仕方なく借金をする、あるいは返せる目算があって借りる、とにかく なにひとつ後ろめたいことではありません。
そして、返せるはずだったものが返せない状況 に追い込まれていくことも、今の日本の経済状況では無理からぬ面があるのではないかと思います。

主婦の方が生活費や教育費のために借金を重ねてしまう、という現状もあります。

お勤め先のリストラ、倒産、お給料の減収、不慮の事故、思いがけない出費、物価の高騰等々、さまざまな条件が重なりやすい世の中ですから、どうしてもお金の管理が難しくなります。

また家計を母親として預かる女性には、生活費や教育費捻出のための借金を旦那さんに気兼ねして相談さえ出来ずに、結果多重債務になってしまうというケースも多くあります。

クヨクヨせずに前向きに解決方法を考えましょう!

誰でも最初から踏み倒そうと思って借りる人はいないのですから、そこにはなにかしら仕方がない現実があったのだろうと思います。

ですから、もし借金問題、多重債務の問題にお悩みでしたら、返済するにしろ債務整理するにしろ、今現在の地点から多重債務解決の方法を考えるのが一番よいと思います。

解決方法は必ずあるのですから、過去を振り返って
「あの時こうしていれば・・・」
とか
「あの人がこうだったら・・・」
などと考えるのは、意味のないことです。

クヨクヨせずに前向きに解決方法を考えることが大切です。しかし人は誰でも往々にして今更どうしようもないことを堂々巡りに悩んだりしがちです。そしてそれに縛られて 新しい一歩を踏み出せなくなってしまいます。
過去は忘れて 今の地点から建設的な方法を考えましょう。
しかも、なるべく一番よい状態を維持できる方法を。

そのためには、ご自分の気持ちにふんぎりを付けること。
そして私たちのような多重債務解決・債務整理の 専門的な知識と豊富な経験を持った人間の意見が必要です。
法律に縛られる世界ではありますが、やり方次第ではずいぶんと違う方法が選べるようになるからです。

相談センター電話窓口 9:30~24:00【03-5846-1725】/お問合せフォーム24時間受付中

一人で悩みを抱え込まず、どんな悩みでも良いので、まずはご連絡下さい。
必ず方法はあります。一緒に考えてゆきましょう。

ページの先頭へ戻る