24 よくある質問集
  • HOME
  • よくある質問集

よくある質問集

このページでは、当事務所へ寄せられた多重債務に関しての質問の中から、よくあるものを紹介しております。
多重債務問題を抱えている方はご参考下さい。

回答に関してご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


※キーワードを半角スペースで区切るとAND検索となります。

よくある質問 一覧

現在457件中346件~360件目を表示しています。

給料手取り17万で返済が7万近くあります。これは多重債務者ですか?(2010.04.05)

多重債務とは借入先が何件もあることを指します。返済が困難な状態であれば、借金整理する必要があるかもしれません。

債務整理をしたら「官報」というものに掲載されるのですか?(2010.04.02)

自己破産・民事再生の場合、裁判所の決定内容を官報に公告することが規定されています。

消費者金融の借金だけを整理することは可能ですか?(2010.04.01)

債権者を選択することができますので、保証人が付いている債務や住宅ローン、自動車ローンなどの債務を除いて借金の整理の手続きを行うことが可能です。

自営業で資金繰りが厳しくて、任意整理をすることにしましたが、妻に知られたくありません。妻に知られることなく任意整理を進められますか?
(2010.03.31)

結婚されているとこのような状況の方が多いですね。内緒の借金の場合、発覚したことにより、夫婦のトラブルになり、離婚問題になりかねません。保証人がついていない限り、任意整理してもご家族に知られることはありません。無料相談所までお問い合わせ頂ければ、詳しく説明いたします。

複数社からキャッシングの債務があります。毎月、20万円づつ支払いをしていますが、借りては返しの繰り返しです。テレビ等でやっている「おまとめローン」が気になるのですが、信頼できる銀行ローンはありますか?(2010.03.30)

借り換え先の「審査」が通るとも限りませんし、借り換えは金利がかかるので根本的な解決にはなりません。法的な債務整理をされた方が賢明だと思います。まずは当サロンの無料相談窓口までお電話下さい。

サラ金業者との契約書、領収書などの資料を捨ててしまいました。過払い請求できるのでしょうか?(2010.03.25)

過払い請求をする上で契約書、領収書などは特に必要ありません。借入状況を把握する為にはあった方が良いでしょう。

過払いについて質問です。債務整理における「引きなおし計算」とは?(2010.03.18)

利息制限法(10万円未満 年率20% 、10万円以上100万円未満 年率18% 、100万円以上 年率15%)に沿って引き直し計算をします。

給料手取り17万で返済が7万近くあります。これは多重債務者ですか?(2010.03.16)

多重債務とは借入先が何件もあることを指します。返済が困難な状態であれば、借金を整理する必要があるかもしれません。まずは、当センターの無料相談にお電話下さい。

債務整理をしたら保険に入れなくなりますか?(2010.03.15)

債務整理手続中であっても保険に加入することは可能です。債務整理は借金を整理する手続であって、債務整理後の生活は制限されません。

債務整理を検討しているのですが、グレーゾーン金利が撤廃されるって本当ですか?(2010.03.11)

2006年12月13日、出資法の上限金利を利息制限法の上限金利である15~20%まで引き下げることが決定しました。そのため、2010年6月(予定)を目途にグレーゾーン金利が撤廃される予定です。

連帯保証人が友人です。自分が借金整理をすると保証人にどのような影響がありますか?(2010.03.10)

任意整理や自己破産といったどの債務整理手続を行った場合でも、本人への請求が止まる代わりに、連帯保証人への請求が行われます。

弁護士で整理をすると、どの程度借金を減額できるのでしょうか?(2010.03.08)

消費者金融のように高い利息の債権者に対して返済を繰り返している場合には、取引履歴を再計算することにより支払い過ぎた利息の部分を差し引くように要求できます。個々の取引期間、返済額、利率などの内容によって異なりますので、まずは東京は秋葉原の解決センターへお電話下さい。

会社での業務上クレジットカードが必要になってきました。借金整理中はカードを作ることはできますか?(2010.03.03)

基本的に整理の支払いが完全に終了してから3~5年は一般のカードは作ることができません。

そもそも多重債務者って、どんな状態の人のことをいうのですか?(2010.03.02)

多重債務とは、複数の金融業者からお金を借りていることをさします。当サポートセンター多重債務相談では、借り入れ先の数にかかわらず借金の返済のメドがたたなくなった方の相談を無料で受け付けています。お問い合わせ下さい。

会社からリストラの勧告を受けました。住宅ローンが10年以上残っているのですが、債務整理をすることが必要でしょうか?(2010.03.01)

解決の手段は任意整理、特定調停、民事再生、自己破産があります。安全な方法をご説明しますので一度、秋葉原にあります借金解決センターの無料相談窓口にお電話下さい。

よくある質問の目次

相談センター電話窓口 9:30~24:00【03-5846-1725】/お問合せフォーム24時間受付中

一人で悩みを抱え込まず、どんな悩みでも良いので、まずはご連絡下さい。
必ず方法はあります。一緒に考えてゆきましょう。

ページの先頭へ戻る