多重債務・債務整理 初心者の方へ

多重債務とは、一般的に3~4件以上の借入先があり、150万以上の借入金がある状態のことを指して言われます(個人差は当然あります)。いわゆるイエローカード状態の方です。

債務整理というのは、債務=借金を整理することで、大きく4つの方法があります。

多くの方は借金が増えすぎてどうしようもなくなったら「自己破産」しか方法が無いと思っているかもしれませんが、そうではありません。
ちゃんとその人の状況、収入、条件に合わせて最適な借金の整理ができるように4種類の方法が用意されています。
任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の
4つです。

それでは、一つ一つわかりやすく説明しましょう。

任意整理について

最初に任意整理についてです。
任意整理を簡単に言えば、法律家(弁護士・司法書士)に頼んで金融業者と交渉してもらい、金利の過払い分の見直しや今後支払う分の金利カットによって減額された借金を3年を目安に払っていく方法です。

任意整理はあなたの代わりに法律家が債権者と金利見直し、金利カットの交渉を行います。

任意整理とはズバリ、「自己破産しないで借金の整理をすること」

法律家が、お金を借りた人(多重を含む債務者)に替わり各業者一つひとつと交渉しながら和解を取り整理してくれます。裁判所は関係しません。

従って、法律家におかませした時から、業者との直の接点はなくなるので取り立てや督促は一切なくなり、以後、業者とは話す事も会う事もなくなり、精神的に楽になります。また、裁判所を通さないため誰にも知られずに済みます。

任意整理について詳しく知る

個人再生について

次に個人再生についてです。
個人再生を簡単にいうと、手に入れたマイホームを手放さないために、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して3~5年くらいを目途に払っていく方法です。場合によっては7~8割分を免除してもらえます。(条件により異なります)

マイホームを手放さず減額された借金を3年を目処に返済します。

個人再生とはズバリ、「家は残したまま借金の整理をすること」

自己破産の場合はマイホームも手放さないといけませんが、個人再生はマイホームを残したまま債務整理できるというところが一番のポイントです。
金融業者の借金は三年前後でなくなりますが、住宅ローンの支払いは債務整理中・整理後も払わなければならないため、月々の安定的な収入のある方が対象となります。

個人再生について詳しく知る

自己破産について

次は自己破産の話です。
自己破産とは、借金が全部なくなる、最終的な債務整理の方法です。 高額資産以外は処分されないので、日常生活に不自由することはありません。

自己破産であなたの借金を無くすることが出来ます。

自己破産とはズバリ、「全ての借金と財産がなくなること」

債務者(多重債務者)本人の破産申し立てにより、裁判所が、破産手続きの開始を決めます。借金返済の免除には、裁判所の免責許可が必要です。

メリットはなんといっても、現在抱えている借金が全てなくなることで、デメリットは一定期間借金ができなくなることぐらいです。また、一部の職業では資格制限があります。
ただし、住民票に記されたり、選挙権がなくなるようなことはありません。
借家住まいで大きな財産がなければそれまでと変わらずに生活していくことができます。

自己破産について詳しく知る

特定調停について

最後は特定調停です。
特定調停とは、法律家(弁護士・司法書士)の力を借りずに、多重債務者自身=本人が裁判所を利用して債務整理をする方法です。

あなた自身で裁判所で、債権者と直接交渉して、借金の減額交渉をすることです。

特定調停とはズバリ、「誰にも頼らずに、自分で解決すること」

とはいっても自分が直接金融業者と交渉することはありません。自分一人でいくつもの金融業者を相手に交渉していくことは現実的に不可能ですから、裁判所の力を借り、調停委員に協力してもらいながら借金を整理していきます。

特定調停について詳しく知る

以上債務整理の4つの方法を説明しましたが、これらの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、どの方法を選択するかは、多重債務者の家族、収入、債権総額、債権者数等を踏まえて選択をする必要があります。

しかし、専門知識がない一般の方にとっては全く分からないのが現状です。結論、素人の考えで動くよりも、法律、しくみに精通した司法書士・弁護士等の専門家に相談するのが早道です。
ただし、ここでも「どの法律事務所が良いか?」「いきなり事務所に出向くのがコワい…」という悩みが出てくると思います。

そのような時に、我々のような庶民的な相談所の出番です!
実際に債務整理経験者ならではの「同じ目線で」より具体的な相談に乗ることができます!多重債務解決にはスピードが大切です。悩むなら今すぐご相談下さい。

相談センター電話窓口 9:30~24:00【03-5846-1725】/お問合せフォーム24時間受付中

一人で悩みを抱え込まず、どんな悩みでも良いので、まずはご連絡下さい。
必ず方法はあります。一緒に考えてゆきましょう。

ページの先頭へ戻る